▲TOPへ戻る

成年後見制度とは??


成年後見制度とは、認知症・知的障がい・精神障がいなどにより判断能力が不十分な方の意思決定を助け、生活や財産などの権利を守る制度のことです。
選ばれた成年後見人などが、本人の意思を尊重し、心身の状態に配慮しながら、本人に代わって手続きなどを行うことで、財産を適正に管理します。




成年後見制度には、「法定後見制度」と「任意後見制度」があります

●法定後見制度

法定後見とは、認知症などにより、現に本人の判断能力が低下した場合に、親族等の請求により、家庭裁判所が選任した成年後見人等が法定の権限に基づいて本人の財産管理や身上監護を行う制度です。次の3つの種類があります。





●任意後見制度

任意後見とは、判断能力のあるうちに公正証書を作成して任意後見契約を結び、判断能力が低下した時の事務(財産管理や療養看護に関する事務)の内容と、後見人になる人を定めておく制度です。支援を開始する場合は任意後見人の職務を監督する任意後見監督人を家庭裁判所が選任します。


後見人にはだれがなれるの?

親族のほか、弁護士、司法書士、社会福祉士、税理士など法律や福祉の専門家や、法律や福祉に関する法人など。最も適切な人等を家庭裁判所が選任します。


申請の方法

●まずは相談を

役所の相談窓口や高齢者いきいき安心センター、下記の相談窓口に相談します。


●家庭裁判所に申立て

本人または配偶者や親族などが家庭裁判所に申立てをします。


●必要な書類

申立書、本人と後見人候補者の戸籍謄本、住民票、登記事項証明書、後見人候補者の身分証明書等。


お問い合わせ・ご相談はお近くの高齢者いきいき安心センター、または下記へ

法務省ホームページ  ………………………………………………………

成年後見についてのご相談  ……
NPO法人 成年後見センター しぐなるあいず Tel.047-702-7868

松戸市高齢者支援課  ……………………………………………………………
Tel.047-366-7343