▲TOPへ戻る
サービス利用の手順

介護(介護予防)サービス利用の手順




要介護1~5と認定された方は、ケアマネジャーに利用者の状況や希望を伝えてケアプラン(介護サービスの利用計画)を作った上で介護サービスを利用します。


自宅で暮らしながらサービスを利用したい

自宅を中心に利用するサービスの種類

①居宅介護支援事業者または(看護)小規模多機能型事業者(小規模多機能サービスを希望する人)に連絡します

ケアマネジャーを配置しているサービス事業者を選び、連絡します。

担当のケアマネジャーが決まります。


②ケアプランを作成します

担当のケアマネジャーといっしょにケアプラン(どのようなサービスをどのくらい利用するかを決めた計画書)を相談しながら作成します。
ケアプランの作成は無料です。


③サービスを利用します

サービス事業者と契約します。

契約にあたってはサービス内容や料金などをよく確認しましょう。

ケアプランにそって介護サービスを利用します。



介護保険施設へ入所したい

施設は4タイプに分かれます。詳しくはこちら

①介護保険施設に連絡します

入所前に見学したりサービス内容や利用料について検討した上で、施設に直接申し込みます。


②ケアプランを作成します

入所した施設のケアマネジャーとケアプランを作成します。


③サービスを利用します

ケアプランにそって介護サービスを利用します。





要支援1・2と認定された方は、高齢者いきいき安心センター(地域包括支援センター)に連絡し、介護予防ケアプラン(介護予防サービスの利用計画)を作った上で介護予防サービスを利用します。


①高齢者いきいき安心センター(地域包括支援センター)に連絡します

住所地の高齢者いきいき安心センター(地域包括支援センター)に連絡、相談をします。

介護予防サービスの種類はこちら


②職員に希望を伝えます

家族や高齢者いきいき安心センター(地域包括支援センター)の職員または委託を受けたケアマネジャーと今どのようなことで困っているのか、これからどのような生活を希望するのかなどについて話し合います。


③介護予防ケアプランを作成します

高齢者いきいき安心センター(地域包括支援センター)の職員等といっしょに介護予防ケアプラン(どのようなサービスをどのくらい利用するかを決めた計画書)を相談しながら作成します。介護予防ケアプランの作成は無料です。



④介護予防サービスを利用します

サービス事業者と契約します。

契約にあたってはサービス内容や料金などをよく確認しましょう。

介護予防ケアプランにそって介護予防サービスを利用します。

または

介護予防・日常生活支援総合事業を利用します





●高齢者いきいき安心センター ●福祉まるごと相談窓口で基本チェックリストを用いて身体機能、生活状況を判断します。


チェックリストに該当した方

生活に必要な機能が低下しているおそれがあり「事業対象者」として特定します。


ケアプランを作成します

高齢者いきいき安心センター(地域包括支援センター)の職員といっしょに介護予防ケアプラン(どのようなサービスをどのくらい利用するかを決めた計画書)を相談しながら作成します。介護予防ケアプランの作成は無料です。


介護予防・日常生活支援総合事業を利用します



チェックリストに該当しない元気高齢者

すべての高齢者を対象とした地域主体の通いの場や体操教室をご紹介します。
詳しくはこちら




ケアマネジャーとは

介護支援専門員ともいい、介護の知識を広く持った専門家です。介護や支援を必要とする方が適切な介護保険サービスを受けられるように、利用者や家族の相談に応じ、サービスを利用するために必要なケアプラン(どのようなサービスをどのくらい利用するかを決めた計画書)を作成し、サービス事業者との連絡・調整等をおこないます。