▲TOPへ戻る
サービスの種類と費用

介護保険施設で受けるサービス


「施設サービス」は、介護保険施設に入所して受けるサービスです。
介護保険施設は、どのような介護が必要かによって、4つのタイプにわかれています。
入所を希望するときは、施設に直接申し込みます。

※要支援の方は施設サービスは利用できません

※施設サービスの費用は、要介護度や施設の体制、部屋のタイプによって異なります。 

※住費、食費、日常生活費が別途負担となります。(低所得の方は負担軽減制度があります。)


生活介護が中心の施設

要介護3~5介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

常に介護が必要で自宅での介護が困難な方のための施設です。食事・入浴・排せつなどの日常生活の介護が中心の施設です。

●サービス費用のめやす
(1日につき)
要介護度 従来型個室 多床室 ユニット型
要介護3 7,283 円 7,283 円 8,130 円
要介護4 7,994 円 7,994 円 8,840 円
要介護5 8,694 円 8,694 円 9,540 円

※原則要介護3以上の方が利用できます。

★利用者の負担:サービス費1割~3割


要介護3~5地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護地域密着型サービス

入所定員29名以下の小規模な介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)に入所し、日常生活上の支援や介護が受けられます。

●サービス費用のめやす
(1日につき)
要介護度 従来型個室 多床室 ユニット型
要介護3 7,377 円 7,377 円 8,224 円
要介護4 8,109 円 8,109 円 8,955 円
要介護5 8,809 円 8,809 円 9,666 円

※原則要介護3以上の方が利用できます。

★利用者の負担:サービス費1割~3割


ユニット型個室(共用スペースを併設し、完全に仕切られている個室)

ユニット型個室的多床室(共用スペースを併設し、壁と天井に隙間のある個室)

従来型個室(共用スペースを併設しない個室)

多床室(共用スペースを併設しない相部屋)



介護やリハビリが中心の施設

要介護1~5介護老人保健施設

病状の安定している方が、リハビリテーションに重点をおいた介護を受けながら、家庭への復帰を目指すための施設です。

●サービス費用のめやす
(1日につき)
要介護度 従来型個室 多床室 ユニット型
要介護1 7,325 円 8,098 円 8,161 円
要介護2 7,795 円 8,600 円 8,631 円
要介護3 8,443 円 9,237 円 9,279 円
要介護4 8,987 円 9,770 円 9,833 円
要介護5 9,519 円 10,335 円 10,376 円

★利用者の負担:サービス費1割~3割




病院での療養が中心の施設

要介護1~5介護療養型医療施設

急性期の治療後に、長期療養が必要な方の施設です。医学的管理のもとで、介護、看護、リハビリテーションなどが受けられる医療が中心の施設です。。

●サービス費用のめやす (1日につき)

要介護区分 サービス費
要介護1 8,182 円
要介護2 9,310 円
要介護3 11,766 円
要介護4 12,801 円
要介護5 13,741 円

★利用者の負担:サービス費1割~3割




医療の必要な方への長期療養・生活施設

要介護1~5介護医療院新たな介護保険施設として新設されました。(平成30年4月から)

生活の場としての機能もそなえた施設で、長期の療養を必要とする人に、医療と日常生活上の介護を一体的に行います。


●サービス費用のめやす (1日につき)

要介護区分 サービス費
要介護1 8,443 円
要介護2 9,572 円
要介護3 12,027 円
要介護4 13,062 円
要介護5 14,003 円

※多床室の場合

★利用者の負担:サービス費1割~3割