▲TOPへ戻る

松戸市の地域支援事業および独自サービス

松戸市の在宅高齢者向け保健・福祉サービス


高齢者福祉サービス 高齢者保健サービス
世帯別サービス区分一覧 担当課問い合わせ先
まつどDEいきいき高齢者 高齢者の見守りシールについて

①軽度生活援助事業
内 容 軽度な日常生活の援助を依頼できるミニ援助券を発行する。
※仕事の依頼は直接シルバー人材センターへ
対象者 ①75歳以上のひとり暮らしの方
②75歳以上の高齢者のみの世帯
③40歳以上で介護認定のあるひとり暮らしの方
④介護認定者相当の事業対象者でひとり暮らしの方
費 用 ミニ援助券1枚(1時間)につき100円
提供制限 ミニ援助券を月1枚の割合で発行。利用は月1回で、援助内容により1回3枚まで利用可能
担当課 介護保険課給付班

②緊急通報装置貸与事業
内 容 緊急時にボタンを押すと受信センターへ通報できる緊急通報装置を貸し出しする。
〈申請方法〉地区の民生委員を通じて申請してください。
対象者 以下全ての要件を満たす方
●松戸市内住居で、住民登録がある方
●65歳以上のひとり暮らしの方
●市民税が非課税の方
●固定電話が設置されていること
費用 無料(通信料金は自己負担)
提供制限 利用者の不注意等による機器の破損、故障は自己負担
担当課 介護保険課給付班

③家具転倒防止器具等取付費助成事業
内 容 地震等による家具の転倒を防ぐための器具の購入及び取付費用の助成をする。
対象者 世帯員全員の前年度市民税が非課税である下記の世帯主
①65歳以上の方
②65歳未満で要介護(要支援)認定者
③65歳未満で身体障害者手帳(1,2級)、療育手帳、精神保健福祉手帳(1級)のいずれか所持の方(③のみの世帯は障害福祉課担当)
費用 1割の自己負担
提供制限 対象経費(上限10,000円)のうち9割を助成(最大9,000円の助成)
担当課 介護保険課給付班

④住宅増改築資金助成制度
内 容 高齢者の方の自立の促進、介助に適した住環境づくりを支援するため、住宅増改築資金を助成する。
※工事着工前の申請手続きが必要
対象者 65歳以上の要介護(要支援)認定者もしくは非該当と認定され、かつ移動・歩行等が困難と市長が認めた方で、市内に2年以上居住している方。
※介護保険認定者は介護保険制度の利用が最優先
費用 1割の自己負担(生計中心者の収入により基準額あり)
提供制限 ●市民税非課税世帯:基準額30万円限度の9割を助成。
●市民税課税世帯:基準額15万円限度の9割を助成。
担当課 介護保険課給付班

⑤配食サービス
内 容 外出及び食事の用意をすることが困難な高齢者に夕食を直接手渡すことで安否の確認を行う。
<申請方法>担当ケアマネジャーから申請してください。
対象者 65歳以上の要介護・要支援の認定または要支援相当の特定を受けた方のうち、心身の障害及び疾病等により外出及び食事の用意が困難な下記の世帯の方
①単身世帯
②高齢者のみの世帯
③高齢者と障害者の世帯
※買物ができる方及び日中独居の方は対象外
費用 1食400円(食材料相当額として)
※配食サービス利用券を指定業者から購入し、弁当と引き換える
提供制限 週4日以内
担当課 介護保険課給付班

⑥介護用品支給事業
内 容 在宅で紙おむつを使用している高齢者等を介護している家族に対し、紙おむつを支給し、家族の支援をする。
対象者 介護保険で要介護3以上と認定され、紙おむつを使用している方を在宅で介護している家族で、本人及び家族が市内に住民票があり、居住している方
費用 無料
提供制限 市の指定した品目から紙おむつを交換できる。
〔要介護3〕:月1組
〔要介護4~5〕・市民税非課税世帯:月2組・市民税課税世帯:月1組
担当課 介護保険課給付班

⑦家族介護慰労事業
内 容 在宅で要介護高齢者等を介護している家族等に対し、慰労金を支給する。
対象者 介護保険で要介護4又は5と認定されているが1年間介護保険のサービスを受けなかった高齢者等を在宅で介護している市民税非課税世帯の同居家族等(入院は90日以内、ショートステイは7日以内までは可)
提供制限 年額10万円
担当課 介護保険課給付班

⑧徘徊高齢者家族支援事業
内 容 徘徊者探索サービスの利用料を助成する
対象者 介護保険の要介護(要支援)認定を受けた、40歳以上の徘徊のある方を介護している家族等
費用 【市民税非課税世帯】1割の自己負担
【市民税課税世帯】5.5割の自己負担(助成額が上限に満たない場合)
提供制限 【市民税非課税世帯】

登録料・利用料の9割を助成
初期費用は5,000円を月額費用は2,000円を上限とする。

【市民税課税世帯】

登録料・利用料の4.5割を助成
初期費用は2,500円を月額費用は1,000円を上限とする。

担当課 高齢者支援課 地域包括ケア推進担当室


⑨健康診査
内 容 
−対象者
・特定健康診査(集団と個別)

−40~74歳の松戸市国民健康保険被保険者の方

・後期高齢者健康診査(個別)

−75歳以上(65~74歳の一定の障害認定者も含む)で千葉県後期高齢者医療被保険者の方

・35歳から39歳の国保健康診査(個別、ただし女性の健康診査受診者を除く)

−35~39歳の松戸市国民健康保険被保険者の方

費用 無料
提供制限 ※国保以外の方の特定健康診査は医療保険者(保険証を発行している機関)ごとに異なります。保険証を発行している機関にお問い合わせください。
担当課 国民健康保険課健診班
内 容 歯科口腔健康診査(個別、ただし成人歯科健診受診者を除く)
対象者 昭和17年4月2日~昭和18年4月1日生まれで千葉県後期高齢者医療被保険者の方
費用 無料
提供制限 ※実施は平成30年6月1日から平成30年12月28日まで
担当課 国民健康保険課広域保険担当室
内 容 
−対象者
・生活保護健康診査(個別)

-40歳以上の生活保護世帯の方

・女性の健康診査(個別)

-35~39歳の女性

・肺がん検診(個別と集団)

-40歳以上の方

・大腸がん検診(個別と集団)

-40歳以上の方

・胃がん検診(集団のみ)※登録制 

-40歳以上の方

・胃がん検診 内視鏡検査(個別のみ)※10月から実施

-50歳以上の偶数年齢の方

・成人歯科健診(個別のみ)

-20歳以上の方

・子宮頸がん検診(個別と集団)

-20歳以上の女性

・乳がん検診※集団乳がん検診は申込制 

視触診(個別)-30~34歳と70歳以上の女性
エコー(個別と集団)-35~39歳と41・43・45・47・49歳の女性
マンモグラフィ(個別と集団)-40・42・44・46・48歳と50歳以上の女性

・骨粗しょう症検診(集団)

 -35・40・45・50・55・60・65・70歳の女性〔申込制〕

・肝炎ウイルス検診(個別)

-40歳以上で過去に未受診の方

費用 100円~2,500円
・成人歯科健診と肝炎ウイルス検診は無料
・75歳以上の方、後期高齢者医療被保険者証をお持ちの方は無料
・市民税非課税世帯の方は無料
・生活保護世帯の方は無料
担当課 健康推進課

⑩インフルエンザ予防接種
内 容 インフルエンザの発病防止・重症化防止のため、希望者に実施
対象者 65歳以上の市民
満60歳以上65未満の方で心臓・じん臓・呼吸器の機能の障害又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能の障害があり、この4つのいずれかで1級の身体障害者手帳を持っている市民
費用 1,000円(生活保護世帯は無料)
提供制限 1回のみ 10月~1月15日(予定)
但し、県内の他市町村で受けられる制度利用の場合は12月末まで(制度利用の手続きが必要)
担当課 健康推進課

⑪高齢者の肺炎球菌感染症予防接種
内 容 肺炎球菌による肺炎の発症防止・重症化防止のため、希望者に実施
対象者 初めて肺炎球菌ワクチンの予防接種を受ける
①65歳以上の市民(昭和29年4月1日以前に生まれた方)
②満60歳以上65歳未満の方で、心臓・腎臓・呼吸器の機能の障害又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能の障害があり、この4つのいずれかで1級の身体障害者手帳を持っている市民
費用 2,500円(生活保護世帯は無料)
提供制限 平成30年4月1日~平成31年3月31日まで(市外の医療機関で接種する場合は手続きが必要)
担当課 健康推進課

⑫健康相談
内 容 健康に関する各種の相談
対象者 市民
費用 無料
担当課 健康推進課

⑬訪問指導
内 容 ・保健師訪問
・栄養士訪問
・歯科衛生士訪問
対象者 在宅で生活しており、原則として介護保険に該当しない方
費用 無料
提供制限 必要に応じて
担当課 健康推進課

⑭地域のつどい
内 容 ・参加者同士の交流
・健康に関する情報提供
対象者 病気や障害により外出の機会が少ない方
費用 会によって異なる
提供制限 市内5ヵ所で実施
担当課 健康推進課

⑮高齢者健康推進事業
内 容 はり、きゅう、あん摩等の施術による費用の一部を助成
対象者 市内に居住し、住民登録されている65歳以上の方、もしくは、障害者手帳や療育手帳等の交付を受けている18歳以上の方
費用 施術1回につき800円を助成
提供制限 助成券の利用は1日1枚まで、また各種健康保険や生活保護法による施術には利用不可
担当課 高齢者支援課


高齢者福祉サービス
1人暮らし高齢者世帯 ①軽度生活援助事業
②緊急通報装置貸与事業
③家具転倒防止器具等取付費助成事業
④住宅増改築資金助成制度
⑤配食サービス
高齢者のみの世帯 ①軽度生活援助事業
③家具転倒防止器具等取付費助成事業
④住宅増改築資金助成制度
⑤配食サービス
⑥介護用品支給事業
⑦家族介護慰労事業
⑧徘徊高齢者家族支援事業
家族のいる世帯 ④住宅増改築資金助成制度
⑥介護用品支給事業
⑦家族介護慰労事業
⑧徘徊高齢者家族支援事業

高齢者保健サービス
1人暮らし高齢者世帯 ⑨健康診査
⑩インフルエンザ予防接種
⑪高齢者の肺炎球菌感染症予防接種
⑫健康相談
⑬訪問指導
⑭地域のつどい
⑮高齢者健康推進事業
高齢者のみの世帯 ⑨健康診査
⑩インフルエンザ予防接種
⑪高齢者の肺炎球菌感染症予防接種
⑫健康相談
⑬訪問指導
⑭地域のつどい
⑮高齢者健康推進事業
家族のいる世帯 ⑨健康診査
⑩インフルエンザ予防接種
⑪高齢者の肺炎球菌感染症予防接種
⑫健康相談
⑬訪問指導
⑭地域のつどい
⑮高齢者健康推進事業


・介護保険課 給付班 ………………………………… 
TEL.047-366-7067

・高齢者支援課 地域包括ケア推進担当室 ………… 
TEL.047-366-7343

・高齢者支援課 ………………………………………… 
TEL.047-366-7346

・健康推進課 …………………………………………… 
TEL.047-366-7485

・国民健康保険課 健診班 …………………………… 
TEL.047-366-1121

・国民健康保険課 広域保険担当室 ………………… 
TEL.047-366-7342

高齢者のみなさんとそのご家族、地域のみなさんに役立つさまざまな情報を掲載しています。ぜひご利用ください。

機能の特徴

●知りたい情報を探しやすい!わかりやすいメニューから知りたい情報をすぐに探せます。

●地域のイベント情報をメールで配信!メールアドレスを登録すると、イベント情報などがメールで配信されます。

●事業者向け情報までワンクリック!トップ画面にある「事業者向け」のボタンからすぐ見られます。



お問い合わせ

高齢者支援課 地域包括ケア推進担当室 366-7346


認知症などによって行方不明になった高齢者の安全を確保し、ご家族や介護をする方の負担を軽減することを目的に、見守りシールの支給を実施しています。
見守りシールとは、家族や介護者が登録した注意事項などの情報を携帯電話などで読み取ることのできるQRコードが印字されたシールです。
高齢者の衣服やかばんなどの持ち物に貼って使用します。支給対象となる方は⑴認知症などによって行方不明となり、防災行政用無線により探索されたことがある高齢者、⑵道に迷った、家が分からなくなってしまったなどにより、警察に連絡または保護されたことがある高齢者です。